デイトレードはどんな投資の方法なの?


デイトレードというのは、売買をその日のうちに終わらせる投資の方法です。ほとんどの場合、売買を毎日何度もいくつかの銘柄で繰り返して、利益を細かく積み上げていきます。ポジションを持っている時間が長くないため、大きな利益を獲得することはあまりありません。

giure113しかしながら、多くの取引を行うことで、利益をより多く得ることを目指します。多い場合には、100回以上の注文を1日に行うようなこともあります。デイトレードというのは、アメリカで基本的に普及していた投資の方法です。日本においては比較的取引の際の手数料が高かかったため、それほど普及していませんでした。

しかしながら、証券売買の手数料について、1999年に自由化が始まったことによって、安い手数料の証券会社が出てくるようになりました。また、インターネットの環境が同じ頃に普及したため、デイトレードを普通の個人が行うことができるようになりました。

その頃と比較すると、インターネットの環境も証券会社のサービスの内容もよりよくなっているため、現在はデイトレードをスタートするためには大変いい環境にあると言えます。

デイトレードにはいろいろなメリットがあるのでご紹介しましょう。デイトレードのメリットは、リスク管理が容易で、大きく資産を減らすリスクが少ないことです。デイトレードというのは、イメージとしては大変高いギャンブル性がありますが、実は大変リスク管理が容易で、大きな資産を無くすリスクが少ないのです。

デイトレードは、基本的に小さな利益を短時間で積み上げるハイロー投資の方法であるため、大きなリスクが一回の取引においてはありません。基本的に翌日まで持ち越さないので、急に良くない材料が出た場合や外国のマーケットの影響もあまり受けなくて済みます。

デイトレードのメリットは、上手に取引を行うと資産を爆発的に増やすことができることです。デイトレードで資産を1年で数倍にした、というような話を一度くらいは耳にしたこともあると思います。その理由は複利効果ということです。

1回の取引で利益を獲得できる金額、1日で儲ける金額は小さいですが、複利でそれが積み上がれば金額は大きくなります。

もし、安定して資産の0.5%を1日に儲けることができて、それを250営業日の1年間続けることができれば、約3.5倍もの資金になります。このようにデイトレードは大きなメリットがあるのです。デイトレードについてデイトレーダーによるブログをよく読むようにしています。他のトレーダーの戦略法等参考になる記事が沢山見つかりますよ。

間接投資とは何かについて説明します。

間接投資と正反対の言葉は、直接投資です。
物を作ってお店で売って、お金を稼ごうとすると、
まずは材料や工房(工場)などを得る為に、資金が必要となります。

そのため、お店を開こうとする人自身が直接、材料などを購入することになります。
これは規模の大きな会社を設立する場合であっても、全く同じプロセスとなります。
自身が経営する会社のために資金を投資して、
原材料の調達や工場の建設を行うことを、直接投資と呼びます。

けれども経営者自身が投資できる資金には、限界があります。
そこで会社を大きくしたいと思えば、債権や株式などの有価証券を発行して、
経営とは関係のない人からも資金を集めることになります。

債権は、会社に資金を貸していることを証明するものです。
債権を購入して保有している間は、発行した会社から利子を受け取ることができます。

株式を購入するということは、理論的には会社の権利の一部を保有するということです。
けれども実際は、多少の株式を持っているからと言って、
会社の経営に、大きな影響力を持てるわけではありません。

多くの人は、インカムゲインやキャピタルゲインを目的に、株式を購入します。
インカムゲインとは、会社から株主へ支払われる、配当金による利益のことです。
キャピタルゲインとは、株式の価格が購入時よりも値上がりした場合に、売却して得る利益です。
「値上がり益」とも呼ばれます。

このように、会社の経営には直接関わらずに、利子や値上がり益を得る為に、
債権や株式といった有価証券に投資をすることを、間接投資と呼びます。

間接投資によって、会社で働かないのに利益を得られることを、不可解に思う人もいることでしょう。
けれども間接投資の仕組みは、企業にとっても消費者にとってもメリットがあります。
企業は債券や株式によって、多くの資金を調達できるので、会社を大きくすることができます。
会社を大きくすれば、多くの人を雇用できますし、消費者に対して商品を安定的に供給することができます。
それに一般の人々に、株主になってもらうことで「会社の経営が健全かどうか、疑われないようにしなくては」という意識が、企業に生まれます。
結果として一般の人々からは、株式会社なら株主に説明できるような、
きちんとした経営を行っているだろうと考えて、その会社を信頼するようになります。

もしも「間接投資」というものが無くて、「直接投資」だけになってしまったら、
株式会社というものは存在しなくなってしまいます。
大勢の人を雇用する会社がなくなれば、人々は安定した収入を得られなくなります。
そして買い物をする際には、このメーカーは信頼できるだろうかと、
いちいち心配するようになるでしょう。
このように「間接投資」は、豊かな経済に欠かせない投資のあり方なのです。"